本文へスキップ

Just do it ! 愛を持って世代をつなごう!!

TEL.0274-62-4033

〒370-2316 群馬県富岡市富岡1130 富岡商工会館2階

方針CONCEPT

理事長所信

【はじめに】
 私が愛する富岡青年会議所は 1964 年 4 月 14 日に「現下の混乱した世情下にある我々青年の使命は大いなるものがある。」この文章で始まる設立趣意書を もって誕生しました。以来 54 年間に渡り、300 名以上の先輩諸兄が時代毎の 問題に対して青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会の実現 に向けて運動を展開し続けてこられたことに敬意を表します。
 私は第 55 代の理事長として、私が生まれ育ち、そしてこれからも暮らし続 ける甘楽・富岡地域の為に何ができるのか、何をしなければいけないのかを真 剣に考えて行動してまいります。先輩諸兄から頂いた御恩を次代へより良い形 で繋いでいくことを使命とし「たがため」へ、愛する者の為にこそ真剣になれ る想いを胸に持ち続け、率先して行動することをここに宣言致します。

【魅力的な組織づくりから会員拡大へ】
 富岡青年会議所は 2018 年のスタート人数が 30 余名となります。全国の青年会議所においても会員減少が問題視され、また、40 歳の卒業を迎えるまでの平 均在籍年数も 4 年 5 ヶ月と短期化している現状であります。私はこの現状を悲 観するのではなく、前向きに会員一人ひとりが青年会議所をより好きになり、 楽しみながら社会に貢献できる組織になることを目指します。人が組織を形成する中で、魅力的な人財が増えると組織は活き活きとして魅力溢れるものになると確信しています。
 会員一人ひとりが魅力的な人財となり、魅力溢れる組織を築くことができれば、この地に住まう入会候補者に積極的に魅力を伝播することができます。より多くの仲間と共に積極的変化の創造を通じて切磋琢磨することができる我々青年会議所は地域のリーダーを養成する学び舎として未来を担う人財を輩出し てまいります。

【資質の向上】
 青年会議所にはJC三信条「修練」「奉仕」「友情」があります。私は三信条 の中でも修練こそ青年会議所の最大の特徴だと考えます。「若い時の苦労は買 ってでもせよ」という諺があるように、自ら厳しい環境下で精神や技術を磨く ことで愛する地域の為、愛する人の為、愛する仲間の為に奉仕をすることがで きるからです。
 私は、青年会議所での修練を通じた資質向上は自身の成長のみならず、常に 能動的に地域へ良い影響を与えることができる JAYCEE に直結すると確信し ています。この資質の向上は青年会議所に在籍する期間だけ力が発揮できるも のではなく、卒業してからも地域の為に活かすことができると考えます。

【愛する地域の為に】
 富岡製糸場と絹産業遺産群がユネスコ世界遺産登録から 4 年目となる今年、 富岡市の町並みは大きく変わります。富岡市役所は新庁舎となり、商工会館は 旧吉野呉服店跡地に新商工会館が設立します。また、富岡倉庫には世界遺産セ ンターを設置し世界遺産の価値や概要を情報発信する拠点となります。1 年の 内に多くの明るい話題がある中で、我々はこの機会を活かして多くの人々が地 域への愛郷心を育める事業を展開してまいります。
 私が考えるまちづくりとして大切なことは、協働することで一人でも多くの人が地域を良くしたいと考えられる環境を創造することです。協働を通じて人々が交流し合い、心が通い合う中で学びや達成感を得る体験は自分たちの地域は自分たちで良くすると考える人を増やす上で必要不可欠です。我々は地域を愛し、今までも、そしてこれからも愛を持って地域と寄りそうことができる会員となり、運動展開して多くの人々に愛郷心を持っていただくことを目指します。

【愛する人の為に】
 現在の子どもたちを取り巻く環境として、他者を思いやる心の欠如、いじめなどの問題をよく耳にします。しかし、忘れてはいけないのは子どもは大人の鏡であり、今の子どもたちの環境を作っているのは紛れもない大人なのです。私は子どもたちが将来大人となる際の手本となるべき今の大人が学習し、傾聴の心や思いやりの心を学ぶことで子どもたちを取り巻く環境は愛を持って改善できると考えます。
 また、 子どもたちの豊かな心の形成には本物の体験が欠かせないと考えま す。自然に触れることでの体験、友との心の通う協働体験で子どもたちは逞し くなり、自立しながらも他を愛し思いやる心を醸成することができます。この 先 10 年、20 年後に地域の担い手となる今の子どもたちの為に、我々は真剣に 愛を持って子どもたちの成長を促す事業を行います。

【おわりに】
 「情けは人の為ならず」。日本古来からの良識であり、親切は巡り巡って自分 に返ってくるという意味であります。この類似語として「恩送り」があります。 我々は先人の御恩を享受し、より良い形で繋げていくことが使命であります。青 年らしく失敗を恐れずに果敢に挑戦し、愛と情熱を持って未来を創造してまいります。
 最後となりますが 54 年間の歴史に感謝し、55 年・60 年と次に繋げていく気概を持ち、愛すべき仲間と共に青年会議所運動に邁進していくことをお誓いし 全身全霊で 1 年を駆け抜けます。


基本理念

たがためへ。愛する者の為に真剣であれ。


基本方針

頂いた御恩を次代へ繋ぐ「恩送り」の精神を持ち
愛する地域の為、愛する人の為に
魅力溢れる人材になろう



2018年度LOMスローガン

Just do it ! 愛を持って世代をつなごう!!


団体沿革

2016年
内閣総理大臣表彰受賞
2014年
富岡製糸場 国宝指定
2014年
富岡製糸場と絹産業遺産群世界遺産登録事業
「プロジェクションマッピング〜富岡製糸場から世界へ伝えたい想い〜」
2014年
富岡製糸場と絹産業遺産群 世界遺産登録
2014年
富岡市長選公開討論会 開催
2010年
全国会員大会 小田原大会副主管
2010年
富岡市長選公開討論会 開催
2009年
サマーコンファレンス ブース出展
2009年
ASPAC長野大会 ブース出展
2007年
関東地区フォーラム副主管「関東フォーラム」in前橋
2007年
ASPACチュンリー大会 ブース出展
2007年
富岡製糸場ユネスコ世界遺産暫定リスト登録
2006年
群馬ブロック協議会 第36回会員大会in富岡 開催
2006年
富岡市長選公開討論会 開催
2005年
全国会員大会in姫路 会員拡大委員会 拡大部門にノミネート
2004年
創立40周年記念事業 開催
2000年
日本青年会議所会頭公式訪問
1999年
創立35周年記念事業 開催
1994年
創立30周年記念事業 開催
1989年
創立25周年記念事業 開催
1985年
冒険学校群馬センター設立
1984年
20周年記念式典開催 さだまさしチャリティーコンサート
1979年
ブロック会員大会 社団法人化テーマ制度確立
1979年
15周年記念式典 開催
1974年
10周年記念式典開催 ブロック会員大会
1973年
岡谷J.C姉妹J.C締結
1968年
5周年記念式典 開催
1967年
J.Cルーム新設
1965年
認証証伝達式
1964年
富岡青年会議所設立

バナースペース

一般社団法人富岡青年会議所

〒370-2316
群馬県富岡市富岡1130
富岡商工会館2階

TEL 0274-62-4033
FAX 0274-62-4032

reikai01.htmlへのリンク